Kobarin's Development Blog

C#やASP.NET、公開APIなどについての記録です。

地価公示・地価調査のダウンロードデータの座標を度単位に変換

国土数値情報ダウンロードサービス
の土地関連の中から、地価公示・地価調査のCSVデータをダウンロードする事が出来ます。


CSV形式で、しかも世界測地系座標が入っているため、基本的に加工なしにGoogle MapsやFusion Tablesに取り込む事ができるはずです。
なのですが、実際には1ステップ必要です。


理由はデータを開くと分かりますが、緯度・経度ともに秒単位の数値が入っています。
一方でGoogleはMapでもTablesでも度単位が基本です。
従って、秒単位→度単位に変換する必要があるので、これを表計算ソフトで変換する例を示します。

手順
  1. 表計算アプリを開き、[経度][緯度]の右に2列挿入
  2. 項目名は適当につけます(ここではLng、Lat)
  3. C列には「=ROUNDDOWN(A2/3600,0)+ MOD(ROUNDDOWN(A2/60,0),60)/60 + MOD(A2,60)/3600」を貼付
  4. D列には「=ROUNDDOWN(B2/3600,0)+ MOD(ROUNDDOWN(B2/60,0),60)/60 + MOD(B2,60)/3600」を貼付
  5. Googleに取り込んだ際の精度を高めるため、C列とD列の書式設定を開き、小数点以下6桁の数値を選択

以上です。

解説
  • 最初のRoundDownでは、度単位の整数部を取り出しています。1度=60分=3600秒なので、3600で除して余りを切り捨てています。
  • 2回目のRoundDownでは、分単位の整数部をとり出しています。1分=60秒なので、60で除して余りを切り捨てています。その後、度単位にするため60で割っています。
  • 最後のMod〜では、元々が秒なので、度単位にしているだけです。