Kobarin's Development Blog

C#やASP.NET、公開APIなどについての記録です。

Google Fusion Tables 埋め込みチャート(embeddable code)のURL仕様

Google Fusion Tablesで定義したチャート(グラフ)は、「Get embeddable code」ボタンを押すと、iframeでブログやHPに埋め込むことができます(要public or unlisted)。
チャートの値の上をマウスオーバーさせると数値などが表示される、インタラクティブなものです(Flash形式かと思いましたが、iPadでも表示できたのでHTML5かもしれません)。


通常はそのままコピペして埋め込めばよいのですが、やはりカスタマイズできるならしたいですし、プログラムから呼び出す用途であれば、URLは可能な限り簡略化したいですね。


そんなわけで、このパラメータ仕様を解析し、使いやすくしていきたいと思います。


まずはGoogleが吐き出したそのままのコードを見てみましょう(from句のtableidはXXXXXXに置き換えてます)。

今回はURLの解析が目的なので、src部分だけ抜き出しましょう。

http://www.google.com/fusiontables/embedviz?gco_chartArea=%7B%22top%22%3A%2230%22%7D&containerId=gviz_canvas&isXyPlot=true&q=select+col0%2C+col14%2C+col15+from+XXXXXX+where+col0+%3E%3D+'1989'&qrs=+and+col0+%3E%3D+&qre=+and+col0+%3C%3D+&qe=+order+by+col0+asc+limit+22&viz=GVIZ&t=LINE&width=500&height=300

これを、パラメータ毎に分解します。

  1. gco_chartArea=%7B%22top%22%3A%2230%22%7D
  2. containerId=gviz_canvas
  3. isXyPlot=true
  4. q=select+col0%2C+col14%2C+col15+from+XXXXXX+where+col0+%3E%3D+'1989'
  5. qrs=+and+col0+%3E%3D+
  6. qre=+and+col0+%3C%3D+
  7. qe=+order+by+col0+asc+limit+22
  8. viz=GVIZ
  9. t=LINE
  10. width=500
  11. height=300

さてこれを解析し、それぞれのパラメータの意味と省略の可否を調べてみました。

解析結果

パラメータ 意味 省略の可否
gco_chartArea 上記要素をデコードすると("top":"30")になり、余白を定義するようです。配列として認識するらしく、「("top":"30","left":"15")」(この場合、上30px、左15px)等と記述します。
containerId きっとこれは変更しちゃいけないと思うw -
isXyPlot falseに変更しても変化が見られませんでしたが、パラメータ自体をなくすと、カラム1番目をX軸として認識せず、値の1つとして認識します。
q SQL文。内容が長いため後述。 -
qrs なぜかq中にあるwhere句の一部(例:「and 単価 >」)が入ります。省略可。
qre qrsと同じ。省略可。何なんだろ。
qe これもorder句の一部が入りますが、省略は不可です。ただしlimit句は省略可。行数制限と思われるので、念のため省略のほうが望ましいかも。 -
viz 意味不明ですが、省略は不可です。定型句って事で。 -
t チャートの種類です。LINE・BAR・PIEなど、FTで選択できる種類を指定できます。 -
width 横幅(px)です。無指定だと画面maxに広がります。ただしページを開いた時のサイズに合わせるだけで、その後画面を伸縮させても自動調整してくれません。まぁFlashだし。
height 高さ(px)です。無指定も可能ですが、すごく低くて潰れてしまうため、明示してあげましょう。
SQL文(パラメータ「q」)仕様
  • select句の1番目にX軸のカラム名を指定します。
  • 標準だとカラムの記述が「col[0-9]+」形式(正規表現)で、数字部分は先頭を0とする列番号が入りますが、定義名(column name)でも可。ただしその際qeパラメータのorder句で指定するカラム記述も同様にcolumn nameにしなければならない。
  • 当然ですが、column nameが日本語やスペースを含む場合、エンコードした後、両端を「'」で括りましょう。
  • 「select col0, col2 from」等のスペースは「+」で置き換えます。
  • order句はここでは定義せず、qeパラメータで指定。

当方の用途

当方の環境では、独自に作成したASPXページをiframeで呼び出し、querystringでSQLを指定してやるだけで、FTのグラフを生成する…といった使い方を想定しています。
カラム名が「col[0-9]+」形式なので、番号を取得した後に上記URLを呼び出す必要がありそうですが、何とかできそうです。